笑う伴奏生活

ハンブルクから愉快な共演者達を御紹介します。

刺青君卒業す。

 Hに続いて刺青君(フルート・中国)卒業演奏会。 兎に角良く喋るヤツで暫くは近寄らないでーと思っていたが数年かけてやっと少し慣れた。


 何故刺青君かと申しますと…
 結論から言うと刺青をしているからなんですが…


 入学して1年が経った頃、刺青君が冬学期を丸々休むと聞いた。帰省先の中国で交通事故に遭った為だという。大変だ…。
 数ヶ月後、同じ中国の整形ちゃん(フルート)から事故は大したことないらしいとの情報が。取り敢えずほっ。ぢゃあ何でそんなに長く休むの!?どうやら中国に彼女が出来たらしい…。
 サンタ先生のレッスンでは良くフルート以外のテーマで話に花が咲くが、整形ちゃんのレッスンでも会話のテーマがお休み中の刺青君になった。噂では付き合い始めてまだ2・3ヶ月だと言うが…


整「彼は彼女の名前の刺青を彫ったそうです。」
サ「50歳にもなったら全身が女性の名前でいっぱいになるだろう。」


 別れたらどうするんだろうねー消すのかなー消せるのー?高いし痛いよーと会話は続きレッスン時間が短くなっていった。でもサンタ先生何故痛いって知ってるの…?


 それからほんの2ヶ月位後、整形ちゃんに刺青君はまだ例の彼女と一緒なの?と訊くと、苦笑いをしながら首を小さく横に振り、「別れた…。」と呟いた。


サ「刺青はどうするんだ!」


 湖畔の古城の合宿では毎年何かと騒動を起こした。1年目は店も無いドドド田舎と思い込み、ハンブルクから大量の食料を持ち込んだ。翌年は舞台衣装を忘れて先に吹き終えた氷川きよし(中国)の服を急いで脱がせて借り、そのまた翌年には靴を忘れて先に吹き終えた氷川きよしの靴を急いで脱がせて借りた(次の年には氷川きよしはもういなかったが幸い何も忘れなかった)。


 コロナウィルスの影響も有って4・5月はレッスンを殆ど受けられなかったがどうやら家で真面目に練習していたらしく、5月後半にようやく学校で合わせが出来るようになった頃には順調な仕上がりだった。おまけに学校の行事予定もカオスで先生達の都合が揃わないからいきなり2週間後に試験やれと言われたものの慌てる事なく、合わせの後には自粛期間中に我慢していた生ビールを飲みに…。いつものお喋りぶりに拍車がかかって、「人類は何故何度も同じ過ちを繰り返すんだろうね?」とテーマも壮大に。それぢゃあお前が毎回合わせに遅れてくるのはなんなんだよ!と心の中でツッコミを入れる。


 ガラガラのホールとはいえ30℃の暑さの中楽章毎にシャツの袖で汗を拭きながらの熱演。オンラインで聴いていたお客様にも十分に暑さは伝わったであろう。極めて美しい第2楽章を有する知られざる傑作ヨルク=ボウエンのソナタは是非多くのフルーティストに演奏して欲しい!


 終演が遅かったので大慌てで飲み屋へ。まだまだ大人数での宴会は出来なかったので殆ど出演者だけで、でも大量に飲みましたよ。

淋し涼し無観客

 6月25日、フルートのH(ドイツ)と刺青(中国)の卒業演奏会。コロナウィルスの影響で非公開に…その代わりに演奏会はライヴ配信されることになった。私にとっても初めての経験だが学生達がちゃんと集中出来るかどうか…。 Hは1年間交換留学でコペンハーゲンで勉強していた為半年遅い卒業予定だったが、コロナ対策で学校の行事予定が混乱して更に延期された。
 曲目は技術的に難しくしかも体力の必要な曲が多かったので涼しい日になるよう願っていたら見事30℃…。H自身は涼しげなワンピースで登場したが、カステルヌウォーヴォ=テデスコ(良い作曲家だが名前が長過ぎ)のソナチネを共演するギタリストが背広姿なので私も上着を着ることに。暑〜い!無観客で良かったッ!もしこれで満員だったら去年のD(Hの親友)の演奏会の時のように終わる頃には数も数えられなくなっているところだったッ!
 Hの御両親も彼女の故郷カールスルーエから駆けつけたがこの日の地点ではホール内には10人以上の入場が禁じられており、教授3人・演奏者3人と撮影班でいっぱいになってしまうので、ホール後方の扉を開け放って中庭のベンチで聴いて頂いた。この時はコロナめ!!!と強く思った。
 2曲めの現代曲、マクゴーワン作曲の『クリーヴランド・タイムス』は演奏時間凡そ5・6分の賑やかな曲。その短い間にどどどどと大雨がやって来て、終わる頃にはまた上がっていた。良い出来で終わった後表のベンチを見ると御両親はじめ全てのお客様は屋根の下に避難していた。
 残りの3曲は雨のお陰で少々涼しくなって助かったッ!Hは1曲終わる毎に、「なんとか吹けた〜。」といった表情でこちらを見た。入学当初はいつも演奏後は悲しそうだっただけにここにも成長が伺えた。
 秋からはヴァイマールで勉強を続けることが決まったそうで、もし訪ねる機会が有ったらテューリンゲン名物のソーセージも一緒にビールを飲みたいです。

最近観る映画がどれもこれも悲し過ぎる…。

暗黒街の二人(1973・仏)

 悲し過ぎる…。
 ジャン・ギャバンアラン・ドロンの黄金ギャングコンビによる法の陰を主題としたドラマ。ムカつく刑事!!!母の感想が全くの見当違いだったことが判明。

青い鳥(1973・米・ソ)
 メーテルリンクの有名な童話に基づく。現代から見るとショボショボ特撮。こんな映画(失礼)の主演が大女優エリザベス・テイラーだなんて!!!


愛よりも非情(1993・伊・西)
 悲し過ぎる…。
警官を撃ったことで後戻りが出来なくなった…。それにしても主演女優が魅力的。
 
地下水道(1957・ポーランド)
 悲し過ぎる…。
 第二次世界大戦末期の、ワルシャワ蜂起軍の或る中隊の逃亡を描く。或る者は狂い、或る者は死に、ただ1人生き延びた隊長は隊員を探す為に地下に戻る。


ピノキオ(1^6・英・仏・独)
 読んだ事なかったけど、こういう話か…。広い湖が綺麗だった。


土曜の夜と日曜の朝(1961・英)
 原作読んだのに忘れた…。映画だから面白いがこの主人公近くにいたら迷惑この上ない!


スカーレット・レター(1995・米)
 最悪映画に与えられる『ゴールデン・ラズベリー賞』に軒並みノミネートされたらしいが、台詞も場面も丁寧に作られていると思うし、デミ・ムーアも良い演技だと思う。


ある愛の詩(1970・米)
 悲し過ぎる…。
 アリ・マックグローが可愛くて切なくて…。そしてフランシス・レイの音楽はラ◯マニ◯フのそれよりもずっとずーっと正直だと思った。


冬の旅(1985・仏)
 「楽して生きたい。」と言って気ままに放浪する少女の死までを描く。悲惨。


帰らざる夜明け(1971・仏)
 悲し過ぎる…。
 少ないが存在感の有る音楽と田園風景と縺れ合う愛と憎悪のバランスが絶妙。主演のシモーヌ・シニョレが良い!ここまで悲しい結末にしなくたって…。


トラスト・ミー(1990・米)
 最初登場人物が揃いも揃って嫌いな人種で全く期待していなかったら、一見ぶっきらぼうに感じる台詞の一つ一つに重みが有り、散りばめられた数々のエピソードが其々解決されて行き、悲しいはずのラストシーンにも希望が感じられた。音楽も良かったッ!

日比啓子先生を悼む。

 声楽家の日比啓子先生が亡くなられた。若々しい方だったのでまだまだお元気だと思っていた。 私の通った音楽高校には声楽科が無かったので、声楽の学生と共演するようになったのは大学に入ってから。先輩にくっついて行った初めてのレッスンが日比先生のクラスだった。朗らかで感じの良い方で、私の声楽伴奏人生はこの時に始まった。


フルートのHさん「先生はどなたですか?」
ソプラノのSさん「ヒビケイコという冗談みたいな名前の先生です。」


 言動に無駄が無く、歯に絹を着せない正直な物言いに時として笑いを抑えないといけなかった。


(苦手のドイツ歌曲に続いて得意のフランス歌曲を歌い終えた学生に向かって)
「却ってこっちの方が大変そうよ〜!」


日比「これは受験曲に入ってるの?」
受験生「はい。」
日比「あっそう。じゃあきっちりと(レッスンしましょう)。」


学生「カァーロノッッッメッッッケェーイルミィーオ…」
日比「そこはそのテンポだと遅すぎない?いえ遅くはないけどあなたには無理よ!」


 新しい先生を探していた友人に日比先生を推薦したら、快く引き受けて下さり、彼女と共に日本歌曲のCDを録音した時にも御指導頂いた。


 日比啓子先生、大変お世話になりました!


 合掌

ハンブルク寿司仲間

 日本料理を愛する友人は多い。当然寿司の好きな友人も多い。日本人だとどうしても期待されて、「寿司パーティーやろ〜!」とせがまれすがられる。私もたま〜にせがまれすがられ、オレに料理しろってのか!と友人達の認識不足に呆れ返りつつも手巻き寿司パーティーくらいならなんとか…と過去18年間にほんの2・3度やったことがある(どっこい見事な認識)。
 しかしながら寿司に対する認識の十分でない友人もいて時に逸話を提供してくれる。先ずはウクライナのノミ男(フルート。大柄だが本番に弱く、ノミの心臓を持つの意)。
ノ「ノブエ!N(フルート・日本)達と一緒にスシパーティーをやろう!何を用意すればいい?」
の「やろうやろう!ご飯と魚と海苔とEssig(酢)と…」
ノ「Essigは無くても出来るでしょ?ご飯に魚を載せれば…。」
の「ソレハイケマセン。Essigは日本語で『ス』というのぢゃ。この『ス』が無ければ『スシ』として成り立たないのぢゃ。」
…ちょっと違う気もするが寿司には酢が必要だと伝えたかったのです。
 すると…!
ノ「なにいっするとあの時オレが食ったのは『シ』だったのかあっ!!!」
…日本人ならまだしも外国人でこのセンス。さらにノミ男は続けた。
「Essigが無かったらシパーティーでもいい!是非やろう!」
 残念ながらノミ男とのスシパーティーもシパーティーも未だ実現出来ていませんが、近いうちに必ず!と思っています。


 ノミ男の2・3年後輩にまた愉快な学生達が入学して来て楽しい伴奏生活が続きました。特にチェロの森のくまさん(ドイツ)とフルートの女神(ルーマニア)は同じ学生寮に住んでいて、彼等と飲む為にトシ甲斐も無く良く学生寮に行きました。
 5年前の2月に森のくまさんが、6月に女神が相次いで卒業し、夏休み前に寮でスシパーティー(彼等の方が日本食に関する知識がノミ男より深かった為シパーティーではない)を決行しました(ノミ男は残念ながら不参加)。
の「メガミ、1番好きな寿司ネタは?」
メ「(両手を合わせて)タマゴ。」
…安上がりだねェ君。
の「クマサン、君が1番好きなのは?」
ク「ナトー(即答)。」
…君も良い友達だ。
 勿論他にも鮪やら鮭やら色々買って楽しく食い尽くしました。それにしても女神は今では少し漢字も書けるし森のくまさんは自分で納豆を作っちゃうし(1度ご馳走になりましたがちゃんと納豆だったッ!)、いつか2人揃って函館に寿司を食べに来て欲しいです。

外出自粛期間にしていたこと

 5月11日(演奏会が有ろうと無かろうと更新が遅い事が判明)、ひさ〜びさに演奏会!といってもライヴ配信の為非公開でしたが、伝統的ハンブルク音楽堂大ホールを独り占め(独奏ではありませんが)出来たのですから喜んで弾きました。
 ハンブルク交響楽団が外出自粛期間中に毎日配信した企画の一環で、一昨年妙なコンクールで共演した妙じゃないクラリネット奏者に誘われてプーランクソナタを共演しました。彼の演奏はとても音楽的で表現力が有ってとても楽しく弾けたのですが、ウチに帰って動画を観たら自分の頂点が薄〜くなっているのを見て少々ショックを受けました。


 3月半ばからの半引き篭り生活から少しずつ解放されつつあり、学校でも対人距離に留意しながらのレッスンが徐々に始まり始めました(変な日本語)。怠惰な私も決してこの2ヶ月を全く無駄に過ごした訳ではなく(殆ど無駄に過ごしたという事です)、譜面台が遠くて楽譜が良く見えない電子ピアノ用に段ボールで補助譜面台を作ったり、生まれて初めてゴム手袋をしてトイレ掃除をしたり、学生時代にやり残したバッハの平均律曲集を練習したり(まだ残ってます)して、2ヶ月前には30本近く有った学生達からの贈り物のワインが殆ど無くなってしまいました。


 普段よりも沢山映画を観ました。日本のテレビ放送をDVDにコピーしたものなので20年以上前の作品ばかりですが、今までのところハズレがひとッつも有りません!奇跡です!実家で父または母と2人で観る映画は何故かいつも大ハズレで、観た後2人揃って機嫌が悪くなるのに。

 

 短〜く感想を…

 

・モロッコ(1930・米)

トーキー映画としては世界最初期の物。伝説のマレーネ・ディートリッヒが美しい!後年の西部劇姿しか知らなかったゲーリー・クーパーは別人のよう。ラストが胸に沁みた。
・モンパルナスの灯(1958・仏)

画家モディリアーニの愛と生涯。誇り高い魂が垣間見られた。主演のジェラール・フィリップは奇しくもモディリアーニと同じ36歳で夭折した。
エスピオナージ(1973・仏・伊・西独)

タイトルは「スパイ活動」を意味する。4人の名優の拮抗した個性が見もの。
公園からの手紙(1988・キューバ)

2人の若い男女とそのラヴレターを代筆する男との風変わりな愛の行方。静かなラストが印象的。
・ビフォア・ザ・レイン(1994・マケドニア・仏・英)

アルバニアマケドニア間の不和を描いた複雑な作品。ちょっと悲し過ぎた…。
・理由なき反抗(1955・米)

極めて繊細な心を持つ3人の若者の物語。本作公開直前に主演のジェームス・ディーンが事故死。
・裸足のマリー(1993・ベルギー・仏・ポルトガル)

不良少女がふとした事から或る少年の母親を探す旅に出る。主演女優が我が校のピアノ科教授に良く似ていた!
・明日を夢みて(1995・伊)

ニュー・シネマ・パラダイス」のトルナトーレ監督の、同じくシチリア島を舞台とした映画にまつわる作品。これもちょっと悲し過ぎた…。
・怒りの日(1943・デンマーク)

第2次世界大戦中の作品で、魔女狩りを主題とする。終わってみると魔女を演じた2人の存在感が特に大きい。
・我等の仲間(1937・仏)

大金を当てた5人が古城を買い取ってレストランを開くまでに次々と事件が起きる。ギャング映画で有名なジャン・ギャバンが昔あんなにカッコ良かったとは。
・育ちゆく日々 1996・ポーランド)

主人公の学校生活と乗馬と政治とが絡み合う。監督と出演者が総出でお辞儀をするラストでは画面のこちらで思わず返礼した。
・赤い風車(1952・英)

こちらはモディリアーニ同様若くして亡くなった画家ロートレックの生涯を描く。主演のホセ・ファーラーの性格表現が素晴らしかった。これもちょっと悲し過ぎた…。

 

 …と言っていたら遂に昨日「ヌーヴェルヴァーグ」(1990・スイス・仏)で外したッ!哲学的な台詞・美しい情景と効果的な音楽がとりとめなく流れ続ける難解な作品だが、質問だけ投げて答えを聞きもしない、特定の相手にヒステリックに怒鳴り散らす、質問に答える時相手を全く見もしない登場人物達が嫌い!というわけで映画の内容に関係なく、個人的な趣味の問題でした。

猫娘の逆襲

 2ヶ月近く愉快な共演者に会っていないので愉快な過去を…度々登場する猫娘(フルート・台湾)はフライブルク修士課程を終え、サンタ先生の下で博士号を取得すべくハンブルクにやって参りました。南から北へのドイツ国内大移動です。
 サンタ先生のレッスンは不規則で週末に翌週のレッスン予定表が各生徒に送られる(共演ピアニストにとってはかなり迷惑)。猫娘の後にはAさん(日本)がレッスンを受けることが偶然多かった。
 元々サンタ先生は時間に不正確で、先ず10分くらい遅く学校に来てはレッスンが押すことも日常茶飯時だった。おまけにレッスン時間の連絡が遅いもんだから私が20分しか時間がない!ということもしばしば。
 しかし猫娘は悩める乙女であったため、レッスンが終わった後もサンタ先生に次から次へと質問を浴びせかけた。
「この準備の状態では次の入団試験は棄権すべきでしょうか?」
「この曲を公開試験で暗譜で吹くのは危険でしょうか?」
といったものから、
「◯◯地区に空き部屋が有るんですけど治安があまり良くないから辞めた方が良いでしょうか?」
「何処かバーテンダーの修行が出来る所をご存知ありませんか?」
等の音楽にあまり関係のないものまで。私が毎回プチッと切れて、
猫娘、私20分しか時間ないんだけど!?」
と言うと、
「ごめんなさ〜い〜ごめんなさ〜い〜。」
とやっと辞めてくれた…。


 問題の入団試験試験にはサンタ先生が、「行って来なさいッ!」と言われて遠くの街まで受けに行ったので、この週のレッスンには彼女は現れず、Aさんの前には別の学生がレッスンを受けていた。私は順番を待ちながらAさんと、
「今日は猫娘がいないから長くレッスンを受けられるね〜!「と話していた。


 レッスンが始まったと思ったらサンタ先生の携帯電話が鳴った。


「ハロー猫娘。」


入団試験の結果報告だったッ!やっぱり彼女に邪魔されたッ!


 その内遂にサンタ先生もレッスンの後には、
猫娘、もう本当に質問は無いのか?」
と彼女をからかうようになりました。