笑う伴奏生活

ハンブルクから愉快な共演者達を御紹介します。

病明けの贅沢

 1週間以上ベッドに篭っていたのは前の前の大家さんのお墓参りに行った時に別な霊を連れて来たのでは?なんて思ったりもしたがやっと回復。そしたら1月23日にはアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が、24日にはバンベルク交響楽団ハンブルクで演奏会をする!

 コンセルトヘボウでは同級生が、バンベルクでは先輩がずっとずーっと前からヴァイオリンを弾いていて、ハンブルクで演奏会が有った時には会って飲んではいたものの演奏会を聴いたことはなかった。
 とはいえウェブサイトにはどちらも売り切れと書いてある。そうでしょうともそうでしょうとも!どちらも伝統有る人気のオーケストラ。4・5日前にチケットが残っている訳がない。
 だがどちらも友人が手配してくれたッ!特にバンベルクの方はウェイティング・リストの3番目でチケットが2枚しか出ないから残念ながら…という連絡の数分後に、「2番目の人が要らないって!チケット有るよ!」との知らせを受け取り、要らないと言った2番目の人に感謝しながら会場にすッ飛んで行った。


 コンセルトヘボウのプログラムはモーツァルトのピアノ協奏曲第17番とブルックナー交響曲第7番。指揮は巨匠チョン・ミュンフン。ピアニストはこれまた巨匠エマニュエル・アックス。指揮者は前日に71歳の誕生日を迎えたばかりだそうだが若者の様に颯爽としており音楽も然り。しかし無駄なアクションは一切無く後ろから見ていると時々指揮をしていないように見える時も。隅々まで行き届いたフレージングにリハーサル中は厳しいのかな?と思ってヴァイオリンのJに訊くと、
「それが厳しくないの!ゲネプロなんて弦の序奏だけで、『いいね!』って辞めちゃったから管の人達が不安になって、『もっとやって下さい!』って言ったくらい。」
と意外な答え。でもそれでああいう演奏になるなら最高の指揮者ぢゃ〜ん!最も団員の能力が高ければこそだけど。
 ピアノのアックスはこれまでにも勧められながら何度も聴き逃して来た人。モーツァルトの協奏曲の中でも特に好きな17番だし開演前からのび太が冒険漫画を読む時のようなワクワク感。
 音色は明るく硬めで大理石を思わせる。とても75歳とは思えない鋭敏さとコントロール力!オーケストラの全てのパートを理解していてその中を自由に泳ぎ回っているよう。分散和音の部分も時には管楽器のように響く。


 凄く楽しかったッ!


 アンコールでショパンヘ短調夜想曲を演奏。楷書体でひとつひとつの旋律を丁寧に紡いで行く。前回のショパン・コンクールで拒絶反応が起きるほど聴いた左右時間差攻撃はただの1度も無かった。
 後半のブルックナーの第7交響曲は演奏時間1時間を超える大曲。長いと軽い気持ちでは聴けないからと敬遠しがち。そして敬遠して来たのは難解だからと1人勝手に勘違い。良いオーケストラでライヴで聴いたらどの瞬間も楽しくて!次から次へと新しい事件が起こる壮大なアメリカ映画のようだった。


 コンセルトヘボウだけで長くなったのでバンベルクは次回。

ジャイアンのいないジャイアンリサイタル

 1月26日、ジャイアンリサイタル。但しジャイアン無し。代わりにピッコロを指導しているジャイの同僚Dが監視及び証拠の録画を任命された(パシリ)。

 新入生が2人。中国からユーチャンが来たから1年先輩の台湾のユーシャンとの区別が難しくなっちゃった…。
 もう1人のフランスのLは私が好きな街リールの出身。フランス人には天気の悪さで有名らしいからハンブルクでも鬱にならないであろう。「パリの人達は冷たくて嫌い!」と毒舌にも期待が持てる。


 古典の協奏曲が2曲有ってしかもそれぞれ新入生が吹くのに何故か大学院生のKが吹くドヴォルザークソナチネで開始。謎の曲順である。
 そのドヴォルザークだがレッスンではジャイアンが最初ッから最後まで大声で歌いまくる(本ジャイほどヘタではない)もんだから遂にキレて、
「辞めなさいッ!うるさくてKの音が聴こえないッ!」
と言ったら敵も去るもの、
「問題はそこだ!Kはもっと思いっきり吹かなきゃダメだ!」
あー言えばこー言い…。


 いざ演奏会はジャイ不在の為かみんなのび〜のび吹いてDも関心の出来。後日学校でジャイとすれ違ったら、
「録画見たぜ!サイコーじゃ〜ん!オレ様がいなかったからかもなダハハハ〜!」
だそうで。本人の口から出たら返す言葉がございませんでした。

病を押す必要もなく…

 1月19日にやっと今年初演奏会。クラリネットの学内演奏会。

 本来は無愛想先生クラスの演奏会だったのだが彼のクラスには今2人しか生徒がいないのでもう1つのA先生のクラスからも2人出るらしい。
 1週間前になってA先生からメッセージ。
「ウチの生徒のDとLのも弾いてくんない?」
 いつものこと、と呆れもせず承諾した。ところがその2人本人もホントに吹くのかどうか分からないと言う。
 前々日にその2人はやっぱり吹かないらしいと判明。合わせが無駄になった。残りの連中も直前まで連絡して来ない。
 …実はみんな怠け者(か余裕をかましている)で良かったッ!演奏会前日まで熱が下がらなくて1週間ずっとずーっとベッドの中におりました。前日になってやっとやーっとイトサン攻撃して来た学生達を病気だからと喜び勇んで断って翌日の演奏会直前になんと初ピアノ合わせ!!!みんなこれに懲りてもっと早く連絡するようになれぼ良いけど…無理だろうな。
 前半を客席で聴いていたベテラン学生キメキメ君(ドイツ)に、
「あの子達全然ピアノパートを理解していないみたい。」
とバレバレでした…。

おまけ、イェナ編。

 1月3日。後1泊したらハンブルクに戻らねばなりません(涙)。さてどこに寄っていこう?

 ミルテンベルクは1年前に行って巨人亭休みだったしコルマールのホテルがバスタブ付きだったからカッセルのいつものホテルぢゃなくても良いしカールスルーエ近過ぎるしツェレまで行ったらハンブルク帰れッ!って感じだし…と無意味に悩ましい(いっそ一気に帰ったらなどと言わないでいただきたい)。
 イェナでお子ちゃまHのお墓参りには毎年1度は行きたいが4月に行ったしな、と思ったものの今回はレーガーの郷ヴァイデンに行ったしその報告も兼ねてやっぱりイェナに泊まることにした。
 予約したホテルは何と12時から14時までしかレセプションが開いてないって!こんなの初めて!入口横のキーボックスに暗証番号を入力して鍵を受け取る。こういうのは妙に緊張するんですよね。
 部屋に入ったら山小屋風で素敵ッ!素敵ですッ!おまけに台所とバスタブまでッ!次回は絶ッッッ対連泊したいッ!

f:id:KomikerpianistNI:20240124092106j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240124092102j:image
 近所の老舗で食事をして路面電車が来ないウチに道路を横切ろうとして…


ビタン!


 暗くて足元の鎖に気づかずすッ転んだッ!両手を派手について3週間経った今も痛みが残ってる〜!ホントにバカです。
 翌朝ホテルに荷物を預かってもらってお子ちゃまHのお墓参りに。レーガーの街に行ったことと昨日すッ転んだことを報告して来ました。相変わらず間抜けな奴と思ったに違いありません。そして昨日すッ転んだ現場を確認したら鎖が張ってあるのはほんの2・3メートルだけでその右も左も全然無い!良くも器用に鎖を選んですッ転んだものだ…。

f:id:KomikerpianistNI:20240124092124j:image

現場検証


 かくしてハンブルクに戻って来て学校が始まりましたがまだまだヒマ。おまけに風邪までひいた。残り11ヶ月は生き生きしてやる。

元日のアルザスワイン

 2024年元旦。去年に引き続き元日徒歩越境を敢行して幸せです。でもそれは実に簡単でした。国境駅ケールからどなたも歩いてじゅっぷんで隣国フランスに行けます。

f:id:KomikerpianistNI:20240122033533j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121010652j:image

ライン川に架かる橋を渡ればそこはもうストラスブール

 中央駅まで路面電車に乗ります。そこからコルマールまでは電車で凡そ30分。

 フランスはアルザス地方の街コルマール。以前友人が住んでいて彼を訪ねた先輩が『テーマパークの街』と称したそうで行きた〜い行きた〜いと思っていたら友人は完全帰国してしまいました(涙)。隣の隣の隣町(くらい)のゲブヴィレールという小さな村でトランペットのコンクールの伴奏をしに行った時にコルマールでタクシーを拾いましたが心も懐も余裕が無かったので街の眺めることが出来ませんでした(また涙)。なので今回が初めてのコルマール。ウルム同様かそれ以上にわくわくして到着すると雨でした(やっぱり涙)。
 ホテルのレセプションの方々は皆さんドイツ語が堪能なのに何故か英語に挑戦したりして…やはりちっとも話せませんでしたが機会が有れば試した方がと思って…。
 雨ですがちょっと夕暮れの街を散歩。確かにこれはテーマパークかも。

f:id:KomikerpianistNI:20240121010830j:image
明日が楽しみです。明日はフライブルクから高校の同級生Cさん(ハープ)と彼氏Sさん(ドイツ)と合流してアルザスワインを楽しむ予定です。Sさんは運転するので殆ど飲めませんが彼にお会いするのは凡そ20年ぶり!変わったか変わっていないかこちらも楽しみです。

f:id:KomikerpianistNI:20240121010838j:image
夜のサンマルタン大聖堂


 開いていた近所のブラッセリーで元日からアルザスワインを…。

f:id:KomikerpianistNI:20240121010907j:image


 翌日、ごった返す観光客。ショック!ウンターリンデン美術館定休日だ〜!確かめてから行けって?悪かったな。気を取り直して旧市街を回る。

f:id:KomikerpianistNI:20240121040301j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040249j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040312j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040245j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040304j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040308j:image
素敵ッ!素敵ですッ!

f:id:KomikerpianistNI:20240121040642j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040633j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040653j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040659j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040646j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040703j:image
ヴェニス

f:id:KomikerpianistNI:20240121040250j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121040254j:image
市場

 

 ウンターリンデンが閉まっていたので折角だから別の美術館を是非…。見つけたのは絵本作家アンシの美術館。

f:id:KomikerpianistNI:20240121224957j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240121225011j:image

この絵はどこかで絶対に見たことがある!


 夕方Cさん達とカフェで合流。Sさんはほぼ記憶のままでした。前回よりも私のドイツ語が少しマシになったので前回よりも良く知り合えた気がします。

f:id:KomikerpianistNI:20240121010956j:image
夕食はこの伝統的アルザスレストランに並びましたッ!

f:id:KomikerpianistNI:20240121233504j:image

 

 かくして我が2024年は明けたのであります。因みにコルマールからフライブルクまでは車で45分程度だそうでハンブルクからブレーメンへ行くよりもずっとずーっと近い…。ブレーメンのビールがベッ◯スであることを考えると羨ましいこと至極なのであります。

 

年末年始旅の記①

 前述の通り今回はレーガーの郷ヴァイデンから始めることは決めていました。そこから東へ行くか西へ行くか迷いに迷いました。東ならチェコでビール、西ならアルザスでワイン。20日になっても決められずにいたら具合先生クラスの宴会でドイツの学生が口を揃えて、「アルザス!」と言う。確かにビールは夏の方がより良いし今回はアルザスを目指すことにした(白ワインも夏の方がなどと言わないでいただきたい)。それからヴァイデンとコルマールの間に2日有るのを何処で過ごすか、つまり何処で年を越すか決まらないまま旅を始めたもののニュルンベルクに向かう電車の中でウルムに行こう!と閃いた。塔にいっぱ〜〜〜い階段の有る大聖堂の街でずっとずーっと前から行きたかった。


 ヴァイデンに来るのは4度目(らしい)がいつも泊まっていたビアレストラン併設ホテルのつもりが別のビアレストラン併設ホテルを予約していた…。でもこちらのホテルも快適でレストランもビールも美味しかったので次回訪問の際にはどちらに泊まるか迷うことになるでせう。レストランに飾られていたレーガー人形にお目にかかれたのも巡り合わせかも知れません。

f:id:KomikerpianistNI:20240113201557j:image
夜の市庁舎広場


 ウルムは初めてなので電車を降りるとオヤジのくせにちょっとわくわくします。駅を出るともう正面に大聖堂の塔の天辺が見えま〜す!これならホテルは見つからなくても旧市街には間違いなく着きそう。方向音痴にとっては便利な街だ。ホテルに着くとベッドメイクが終わっていない!と思ったらスタッフが清掃係を叱りながら慌ててやって来ました。2泊するので今日は軽〜く散歩。明日の大晦日に歩き回るつもり。

f:id:KomikerpianistNI:20240113201621j:image
ドナウ川にて

f:id:KomikerpianistNI:20240113201640j:image
夕暮れの大聖堂


 翌日いつ雨が降り始めるか分からなかったので真ッ先に『漁師の一角』へ。

f:id:KomikerpianistNI:20240113201958j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240113202020j:image
f:id:KomikerpianistNI:20240113202010j:image
漁師の一角

f:id:KomikerpianistNI:20240113201743j:image
傾いた家

f:id:KomikerpianistNI:20240113201757j:image

市庁舎

 そしてウルムは哲学者アインシュタインの故郷でもあるのです。

f:id:KomikerpianistNI:20240113201809j:image
アインシュタインの噴水


 以前私は(バカだから)教会の塔を見ると必ず登ってクラリネットのKねーさんと天辺からオーボエのSさんに、
「ね〜何段階段有ったか私に訊いて〜!」
とメッセージを送っていたのです。しかもこの大聖堂の塔は世界一高いと言われておりまして768段の階段を登らない手はなかったのですが半年以上続く膝の軽い痛みの為に今回は見送りました。何故痛くなったかというとソファの上に変な体勢で座って何時間も動画編集をしたからです(大バカ。やはり高い所に登るべき)。もっと若いウチに来れば良かったッ!とも思いますがまだチャンスは有るでせう。
 夕方ホテルのレストランで奇跡的に席が取れたので早めに夕食をいただいて夜11時半頃には大聖堂広場に繰り出して地元の皆さんとカウントダウンをするつもりです。
 昨年はザルツブルクで高い所から街を見下ろしたので場所取りに苦労しましたが今日は広場から空を見上げるので問題なし。いくら目の前に背の高い人が立っても花火よりも高いことはないでせう。
 いざ12時が近づいたら豪勢にド派手に花火が揚がりまくって煙で世界一の高さを誇る大聖堂の塔がぜ〜んぜん見えませんでした…。

 

 明日はフランスへ。

クリスマスの音楽

 時は遡りますが12月24・25日は例年1年の中で1番ヒマ。学校も閉まるし先日撮った動画を編集して、引っ越しから1年以上経つのにまだカオスな我が住処を少々住みやすくしましょう!と思っていた。

 23日にピアニストのUさん(日本)からメッセージ。明日ベルリンでゆき姐さん(ソプラノ・日本)と演奏会なのにコロナにかかってしまって…野笛さん空いてませんよねぇ?という内容だった。


 良くぞ訊いてくれましたッ!


 という訳でとき・ところ・曲目を聞いて24日にベルリンでゆき姐さんと待ち合わせ。幸い弾いたことのある好きな曲ばかり。久しぶりに聴く彼女の歌は技術も表現力もアップしていて楽しく弾きました。
 どういう演奏会だったかというとオランダからのツアー客の夕食時の演奏で、ゆき姐さんの師匠フォルテシモ先生(オランダ)が彼女を推薦したそうです。おまけに私達も一緒に食事が出来て、Uさんには申し訳ないけどクリスマスイヴにこんなに良い思いをしたのはドイツに来て初めてかも(笑)。
 そしてUさんは翌日早くもテストで陰性反応が出たそうで…治って良かったですねと言うかお気の毒と言うか…。


 そしてハンブルクに帰ると数少ない掃除の機会を失ったカオスな部屋が私を出迎えたのでありました。