笑う伴奏生活

ハンブルクから愉快な共演者達を御紹介します。

丸髭先生ようこそハンブルクへ!

 腹話術人形(フルート・ブラジル)の企画する彼の勤務先の音楽院(腹話術学院)での講習会にイギリスから丸髭先生が初めておいでになった。
 ハンブルクの我々の期待を高めたのはその素晴らしいお髭。

f:id:KomikerpianistNI:20191118000450j:image
 講師演奏会での曲目は、
・萎める花による変奏曲(シューベルト)
・海辺にて(シューベルトベーム)
スコットランド幻想曲(ベーム)
カサンドラの夢(ファーニュホウ)
・哀歌(日本民謡/丸髭)
・ズームチューブ(クラーク)
・ヴォカリーズ(メシアン)
・青春の日は遠く過ぎ去り(チャイコフスキー/ブラウンシュタイン)
・リノスの歌(ジョリヴェ)
ファーニュホウとクラークは無伴奏シューベルトとジョリヴェは何百回も弾いたしベームは春に弾いたド派手なやつでしょーチャイコフスキーは数年前に仏様と一緒に弾いたしメシアンと丸髭先生ご自身編曲の日本民謡の楽譜だけ送ってもらえば楽勝!


 しかし・・・


 腹話術人形がわぞわざ縮小までして送ってくれた楽譜はメシアンの超有名曲「黒つぐみ」だった・・・その曲私30年前から知ってます・・・。
 ベームは作品番号を良く見たら春に弾いたのとは違う超マイナー作品だったし、チャイコフスキーは権利の問題で既に絶版になった別の編曲者による物と判明・・・。
 なんでフルートの曲ならブーレーズソナチネ以外は殆ど弾ける私の知らない曲ばっかり選ぶのー(号泣)?腹話術人形が急いで全ての楽譜を準備してくれて到着した実家で印刷して踊るピンクベアさんとの演奏会が終わったら慌てて練習を始めて東京に移動する時にそれらの楽譜をぜーんぶ実家に忘れた(底抜けのバカ)・・・。
 結局ハンブルクに戻ってから印刷し直し大慌てで練習する。丸髭先生到着まであと3日しかない(涙)・・・。


 講習会前日のリハーサルにて初対面。がーん髭がくるりんぢゃない!!!重力に従ってフツーに箒のようになっている(再び号泣)。
 翌日腹話術学院にて開講。受付の腹話術人形の奥様(ペルー)に昨日のリハーサルはどうだった?と訊かれリハーサル内容をさておき髭にがっかりしたと答えたら彼女も、「あたしもよ、あたしも・・・。」といきなりテンションが下がった。


 腹話術人形のキャラクターの成せる業か腹話術学院に招待される講師の皆さんは1組2人を除いて面白くて性格の良い人。踊って歌って楽しく分かり易いレッスンでパワーが夜まで衰えない。或る参加者は15分間の基礎練習の後音が別人のように良くなった。
 丸髭先生ご自身の中高音域のmpからmf辺り(要するに最も使われる音域の最も使われる音量)がもの凄くキレイで楽しく共演しました。最終日の昼食にサンタ先生とその友人が乱入して今は亡き名指揮者ヴァントの話をベラベラ〜ベラベラ〜と続けたら僅かの隙を見つけて、「君はヴァントさんを知ってる?」と私に水を向ける気配りもお有りでした。
 是非腹話術学院のレギュラーになって毎年ハンブルクに来て頂きたいです。

知られざる東京編

 10月3日、新宿にて内輪試演会東京編。参加者はAさん(声楽)、タケシ!さん(ホルン)、もっちーさん(フルート)、だっちょさん(オーボエ)、踊るピンクベアさん(ヴィオラ)。今回楽しみなのは聴きに来てくれる予定のピアノのNさんと踊るピンクベアさんが12年ぶりくらいの再会になるのでNさんを驚かせる為に当日まで参加者を内緒にしておいた。
 案の定会場にてNさん超驚き。作戦大成功(ふっふっふっ)。
 声楽のAさんは私の大学の同級生でカールスルーエで勉強され、他の参加者はNさんを含め全員ハンブルク組だったが直ぐに意気投合。長々と楽しく打ち上がりました。
 次回試演会ではNさんとシャミナードのやたらとテンションが高い曲を連弾する約束をしました。最低音の強打の連続が楽しみです。

岡山潔先生を偲ぶ

 10月1日、昨年亡くなったヴァイオリンの岡山先生のメモリアルコンサートを聴いた。
 先生には同じアパートに住んでいたケイコサンを始め何人かのお弟子さんのレッスンにくっついて行った。室内楽に造詣の深い方でピアノへの要求水準も高かった。
 食通としても知られレッスンや演奏会の後しばしば良いお店に連れて行ってもらった。飯田市の小料理屋さんの開業何十周年だったかのお祝いでの招待演奏に同行した(演奏前には温泉に入ったためリラックスし過ぎて先生はモンティのチャルダッシュの繰り返しをお忘れになり小声で、「あっそうか…。」と仰った。聞いたのは私だけだろうが)。
 更に駄洒落の名手としても知られた。ふとんがふっとんだレヴェルの物は数知れず。やや個性的な物として挙げられるのは、


岡山「ピアノの蓋は開けますか?」
私「開けたいんですが今日は未だコントロールする自信がなくて…。」
岡山「地震は今日は有りませんよ。」


岡山「ヤナーチェクはあまりレッスンに持って行かない方がいいんですよ。」
ケイコ「そうなんですか?」
岡山「やなチェックを受けるから。」


(子供向けの演奏会でコントラバシストがゴジラの雄叫びを模倣した際に)
岡山「でも今日のゴジラはちょっとガラガラ声ですね…風邪をゴジラしちゃったかな?」


 演奏会では懐かしの友人達といっぱい再会しました。プログラムには多くの追悼文が寄せられていました。ロビーには先生の音楽人生を彩る数々の写真が展示されていました(芳子夫人が、「惚れ直したっ!」と言われた麦藁帽子姿も見ることが出来て満足)。A先輩はメンデルスゾーンでのケイコサンの演奏を聴いて涙を見せました。


 先生さようなら。お世話になりました!

函館にて。

 主催者に拝み倒され久々に函館で演奏会。ゲストは踊るピンクベアさん(ヴィオラ・日本)。到着した夜に早速居酒屋にて念願の烏賊刺しを食べた彼女は一口食べて、「美味し〜…。」と悩ましい顔で感激。以後帆立を食べても馬鈴薯を食べても、「美味し〜…。」と悩ましい顔をこちらに向けたのでした。
 会場は急な坂をヒイヒイ言いながら登らないと行けない(しかも駐車場ナシ)所。集客が少なくても当然。
 ピアノ独奏曲はジャダン、ドビュッシー、レーガーといずれも私にとって新曲だったのがマズかったか3曲ともイマイチの出来…踊るピンクベアさんの独奏によるヒンデミット無伴奏ソナタは大喝采。二重奏曲は超マイナーなユーの変奏曲と王道のブラームス。この日最後に演奏したブラームスは気持ち良く弾けました。
 アンコールはイギリスの作曲家ボーエンによるG線上のアリアならぬC線上のメロディー。この曲が気に入った踊るピンクベアさんは今後も演奏したいそうです。
 『海のがき大将大門店』の閉店に伴い頭を悩ませた打ち上げ会場はその向かい側に建つ『海のがき大将本店』に決定。ここでも踊るピンクベアさんは烏賊を食べても寿司を食べてもホッケを食べても、「美味し〜…。」と悩ましい顔をこちらに向けたのでした。

何故かエリーゼのためにを弾く。

 日本で笑えない独奏生活をして来ました…。6月に函館在住の先輩からジュニアコンサートゲスト出演の打診が有り、「エリーゼのためにとか子犬のワルツとか誰もが1度は弾いたことのある曲をプロが弾くとこんなに素敵なんだ!と子供達に聴かせたいの。」という主旨らしい。それなら先輩がご自分で演奏なさった方が…と思ったもののプロで素敵かどうかはさておき何故か引き受けた。
 エリーゼのためには何と自分でも何と10歳の時(遅い!)に発表会で弾き、大学院の修士論文提出直前にも『しあわせ家族計画』で『名人』として弾いた想い出がある(その直前に客員教授だったS先生にレッスンを受けたと話したらK先生に、「持ってく方も持ってく方だけどみる方もみる方だ!」と呆れ返られた)のでエリーゼのためにを含むベートーヴェンの技術的に比較的易しい小品数曲を弾くことにした。
 とっところが!当の先輩が、「チラシを見てびっくりしたんだけどあたしもリサイタルでエリーゼのためにを弾くの!」と…。そうと分かっていたら別な曲にしたのに…。演奏会前日になって、「ショパン嬰ハ短調前奏曲と作品64の3つのワルツ(子犬のワルツを含む)って手も有ったか…。」と思ったが時既に遅し。いいもん。4曲とも良い曲だから。それにしてもエリーゼのためにって子供が弾く曲ぢゃあありませんね。悲し過ぎて。
 しかしエリーゼのためになんか子供達の前で弾いて隣の音をちょっとでも引っ掛けたら、「あッ間違えたッ!」という声がホールの方々から上がるのではなかろうか…大学の同級生の名台詞、「ねぇ!どうしてみんな間違えないで弾けるの〜!?あたしどんな短い曲でもどんな簡単な曲でも必ず間違えるのに〜!」が思い出された。
 そして本番ではエリーゼのためには1音も間違えませんでした(幼稚な目標)。プロで素敵と思った子供がいたかどうかは知りません。
 後で分かったのは先輩がリサイタルでは、「子供たちへの贈りもの」と題してエリーゼのためにも子犬のワルツも演奏される予定だったこと。ショパンを弾いていても数週間後には、「I先生(先輩)の方が上手〜!」と言う子供達がいっぱいいたであろうことには変わりがなかったのであります。

ベテラン学生達の卒業

 冬学期が始まりましたがまだ暇です。学校外で丸髭先生(フルート・イギリス)の講習会で楽しく伴奏しております。
 夏学期には11年ハンブルクで勉強した整形ちゃん(フルート・中国)が非公開試験とオーケストラとの協奏曲試験を立派に終えて帰国しました。最後まで笑顔の毒舌は冴えまくりました。12個のスーツケースと戦いながら引越し準備を終えて、「10月にまた来たいな!」と言って去って行きました。


 9月17日、オーボエのザナエ(日本)とザンデヴァッタ(韓国)の非公開試験。夏休み中に加えザグレブ在住のザナエ、バイロイト祝祭音楽祭に参加したB先生、ハンブルク南アフリカを行き来する落武者先生との日程調整がやっと付いての決行です。ザナエには我が愛しのマイナー曲を無理矢理勧めましたが吹いてくれて嬉しいです。2人は5年前オーボエ科に愉快な学生が大量入学した時のほぼ最後の生き残りだったので、本人達は勿論のこと両先生も淋しいに違いありません。試験の後はみんなで一杯だけの予定で飲みに行ってベロベロになって帰りました。

シビウでリシャール=アムランを聴く。

 9月4日、ミュンヘン経由でルーマニアのシビウへ。10年前のブカレストの印象が悪く次回は直接他の街へ…という願いがやっと実現した。トランシルヴァニアの古都シビウは昔応援していた体操選手の出身地でもありずっと行ってみたかった街。 ブカレストでは降機後直ぐにインチキタクシーに引っかかった(途中で撃退成功)がシビウ空港には幸いそんなものはなく、少しドイツ語の分かる正式タクシーの運転手さんにルーマニアビールについて教わりながらアパートに向かった。アパートのオーナーは超親切なおにーさんで、私の英語よりちょっとマシ位のドイツ語(彼もこれなら僕のドイツ語の方がと思ったのだろう)で近所の美味しいレストランまで勧めてくれた。アパートは広〜くてこれまた1週間住みたいと思った。

f:id:KomikerpianistNI:20190929082912j:image
f:id:KomikerpianistNI:20190929082923j:image
 その日はお勧めレストランに行って終わり。

f:id:KomikerpianistNI:20190929082729j:image
凄く美味しかったッ!民族音楽も聴けます。店員さんも民族衣装です。

f:id:KomikerpianistNI:20190929083110j:image
名物蒸留酒イカ。お酒自体は只の透明な液体なので器を見せたかっただけです。

 

f:id:KomikerpianistNI:20190929084043j:image
 翌日演奏会まで町中を歩き回る。

f:id:KomikerpianistNI:20190929083137j:image
大広場。

f:id:KomikerpianistNI:20190929083324j:image
時計塔。

f:id:KomikerpianistNI:20190929083403j:image
時計塔に登りました。

f:id:KomikerpianistNI:20190929084215j:image
小広場。

f:id:KomikerpianistNI:20190929083546j:image
橋上で嘘をつくと崩れ落ちるという『嘘つき橋』。

f:id:KomikerpianistNI:20190929084202j:image

初めて見たッ!牛乳の自販機。

f:id:KomikerpianistNI:20190929083614j:image
会場のタリアホール。


 曲目はドビュッシー「忘れられた映像」、ラフマニノフ「幻想小品集」、エネスコ「組曲第1番」、プロコフィエフソナタ第4番」という演奏される機会の比較的少ない作品が並ぶ。特にプロコフィエフは去年オーストリアで会った時に、「是非弾きた〜い!」と言っていたので楽しみ。

f:id:KomikerpianistNI:20190929083636j:image
ピアノはスタインウェイ


 演奏に先立って司会者の女性が長々とルーマニア語でご挨拶。当然ひとッつもわからん。どうやら何処から来ましたか〜?まぁそんな遠くから!的な内容らしくハンブルクから!と大声で叫びたかった。
 方々で携帯が鳴ったり演奏中に水を飲んだりと聴衆のマナーはイマイチであった…。


 ドビュッシーは2週間前にスイスで聴いた時よりも更に良くコントロールされていて、終曲では大胆な盛り上がりを見せた。
 ラフマニノフは滑らかで美しい『悲歌』、厳粛で知性的な『前奏曲』も良かったが民族的でユーモラスな『セレナーデ』が特に気に入った(要するに殆ど全部)。ラフマニノフも初期には美しい曲を作っていたんだな(生意気)…。
 エネスコの組曲第1番は正にバロック様式で書かれ、『G線上のアリア』をやや感傷的にしたような緩徐楽章が淡々切々として心に沁みた。全体にバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタを思わせる構成だった。
 プロコフィエフは爽やかで色彩感があった。第1楽章の結尾部が美しく、リシャール=アムラン自身が特に好きだと言っていた第2楽章も丁寧で綺麗だった。
 アンコールでは彼の口から「ショパン」と紹介されるとお客さん既に歓喜。アンダンテ・スピアナードを弾いた後再登場し一瞬ニヤリと微笑みを浮かべてからその続きのポロネーズを開始。結局この大曲を全部演奏した。スイスでの演奏が気に入っていたのでラッキー!
 終演後間も無くロビーでサイン会が始まったので私も列に並び(話したいからわざと最後方)ミュンヘンで買って来たビールを進呈。何度も会って話しているのに実はサインをもらったことがないからどうせならプログラムにサインしてもらえば良かったッ!
 「ブカレストに来てくれるのかな〜と思ってた。」
-こっちの方が街がキレイかと思って…お客さんどうだった?
「う〜ん…ブカレストの方がもしかすると演奏会に慣れているかもね。」
-エネスコの緩徐楽章いいね〜!
「キレイでしょ!終楽章はいまいち…。」
-でも演奏は凄く良かったッ!
 プロコフィエフは未だ舞台に載せて日が浅いそうで、次第にショパンソナタで聴かせたクマ度数が増して行くかも知れません。


 夕べの愛しのレストラン(もう愛しくなった)は満員で泣きながら他を探す。ルーマニア対スペインのサッカーの試合を観ながらツイカ2杯も飲んじゃった。

f:id:KomikerpianistNI:20190929083922j:image
 翌日出発。がーん今日からビール祭りだってーもう1日いたいー。

f:id:KomikerpianistNI:20190929084024j:image
f:id:KomikerpianistNI:20190929083959j:image
f:id:KomikerpianistNI:20190929084012j:image
 シビウ空港まで1時間もかからなさそうだったので歩いた。搭乗口にバスが待機していたが飛行機は直ぐそこに停まっている…結局20メートル位ぶぶぶと走って停車したら乗客が笑い出した。しかもバスに乗り遅れた人は徒歩で飛行機までやって来て更に笑った。
 ささっと気軽に行って来た憧れの街シビウ。また是非!